前へ
次へ

結婚式場には様々な楽しみ方がある

結婚式場選びでは、予算の兼ね合いであったり、招待客の人数によって規模も決まります。親戚と友人を入れて30人の少人数の招待客になる見込みであれば、少人数に対応する式場、食事会ができるゲストハウスを貸し切ることも可能です。しかしながら、両家のバランスも考慮すべき、そうした声も少なからずあるでしょう。少ないのは仕方ないこと、招待客が多いからといって誇れるものでもありません。代理出席で空席を埋めることも一理あるでしょうが、そちらにまわすお金があるのならば、来てくれるゲストを手厚くもてなすほうが喜ばしいでしょう。最近は、チャペルで挙式し、親族だけで披露宴を執り行うこともあるようです。友人に、「挙式だけでも参加したい」といわれ、招待することもあるようです。しかし、披露宴に呼ばないのならば式に呼ばないものというのは暗黙のルールです。それは、ゲストに気を使わせるからです。婚礼料理を頂くワケでもないので、ご祝儀を包むべきなのか、良い意味で気の使い合いになります。あらかじめ、ご祝儀は辞退する旨を伝えておきましょう。ですが、参列してお祝いの言葉やわざわざ足を運ぶので、1000円程度のおみやげを用意する配慮をしましょう。招待される側は、結婚式場の装飾、装花、BGMなどに関心があるでしょうが、オリジナリティにこだわっているのが色々なペーパーアイテムなのです。会場入口にはウエルカムボードが置かれています。新郎新婦の名前とメッセージが書かれていたり、写真やイラストを使い、手作りされています。席札は、招待客の名前が書かれ、それぞれ座る席に置くのが一般的ですが、ワインボトルやキャンドルに名前を刻むという方法も採用されていて、おしゃれな演出が人気です。サンキューカードなども凝っていますから、新郎新婦のメッセージ性をペーパーアイテムから探ってもいいかもしれません。式場では演出も注目されています。一昔前は、キャンドルサービスが定番でしたが、式場でミニライブも開催されています。ジャズバンドの生演奏は、ジャズクラブを貸し切ることで、より一層雰囲気が出るため、あえてそうした会場を選ぶカップルも少なくありません。ゴスペルなどはチャペルにも音色という色を添えてくれます。他に、エンドロールビデオや、キャンドルサービスではなくキャンドルリレーという招待客も楽しめる演出が人気のようです。

人と人とのマッチングをサポート
あなたに最高の出会をプロデュースさせていただきます

その場の空気がよみがえるような写真撮影
当時をすぐに思い出せるような結婚写真を撮影いたします

30代・40代中心の東京銀座社会人サークル「PROUD40」

高品質&洗練されたデザインのブライダルアイテム
デザインストアより大好評販売中です!
席次表や招待状をお探しならぜひ当店でお買い求めください

Page Top